テストステロン(男性ホルモン)について

病院よりも安く購入

↑病院の半額近くの値段で通販↑

テストステロン(男性ホルモン)について

覚醒とオーガズムを電線に例えるなら、地面にしっかりと取り付けられた電柱の電線のように、整然とした神経回路できていて、性欲は地下鉄のための配線図みたいなものになります。

 

電線がごちゃごちゃと入り組んで、複雑に絡み合っているような状態になります。人間の心を構成する神経の複雑なネットワークは、男性のペニスを構成する下のほうの緻密な神経回路に決定的な影響を与えます。

 

性欲は自然と起こるもではありません。性欲は性的な空想や夢から、自慰行為(マスターベーション)、またはパートナーとの性行為の始まりまでハッキリした形で現れます。

 

私たちは性欲を精力、つまり人間の行動の陰原動力となっている動物的、生物学的面がとらえがちでです。精力は生物学的、心理学的なものと、欲望を構成する社会的要素とが複雑に絡み合ったものになります。

 

テストステロンを供給された生物学的な精力というのは、性欲をつくる3つの要素の中で一番直接的なものになります。

 

大脳辺緑系の潤滑剤としてのテストステロンの働きが、周囲にセックスの対象がいることを伝え、現状を観察して性行為までの可能性を考えます。

 

テストステロンはセックスのチャンスを求めてアンテナを高くしたり、パートナーとの触れ合いを創造させるなどの感情を起こしたりします。

 

性行為の覚醒や勃起のためには、わずかな量のテストステロンで足りますが、これは性欲にかきたてるための一番「基本的な機能」になります。

 

テストステロンは男女とも腎臓の上にある副腎で少しの量が作られますが、男のテストステロンはほとんどが睾丸で作られます。テストステロンは睾丸で次のように作られます。

 

脳の視床下部が下垂体にFSHとLHという2つの物質をつくるように命令をします。両方とも睾丸において精液とテストステロンの製造を促すものになります。

 

視床下部と下垂体、下垂体と睾丸の伝達の混乱が、脳と睾丸の間の伝言ゲームが上手くいかなくなるような問題を引き起こす可能性があります。

 

脳内の化学物質に影響を与える「うつ病」のような病気は、視床下部や下垂体のホルモン異常だけではなく、テストステロンの減少をもたらせます。

 

慢性のアルコール中毒はセックスの欲望を減退させる生物学的原因としてよく引き合い出されますが、アルコールは肝臓をダメにしてしまい、ダメになった肝臓はテストステロンを女性ホルモンであるエストロゲンに急速に変化させてしまいます。

 

男性のアルコール中毒者は、女性のように胸が膨らみ、睾丸の萎縮が見られるようになり、テストステロンが減少するにつれて、小さくなってしまいます。

 

テストステロンがエストロゲンへ化学的に変わってしまうということは、性欲を促すテストステロンが足りなくなるという事になります。アルコールによってダメージを受けた睾丸は、サイズも縮み、身体的にアルコール中毒の症状を示します。

 

重いアルコール中毒はテストステロンの量を減らし、同時に性欲も奪い去ってしまいます。テストステロンの血中レベルが正常でも、これを受けるレセプター(受容器)がテストステロン以外の化学物質によってブロックされてしまうと、その値が非常に低くなってしまいます。

 

これらの化学物質はテストステロンのレセプターに居座りますが、テストステロンのような動きはしません。それらはテストステロンがレセプターを刺激するのを邪魔します。

 

また、消化不良の時に服用する「ヒスタミン・ブロック系」の薬は、テストステロンのレセプターをブロックする事でよく知られています。これらの薬はテストステロンのレセプターにくっついて動かないため、テストステロンと睾丸の間のラインを封鎖してしまいます。

 

店頭などで売られている抗ヒスタミンは、冷寒治療やアレルギー予防の過程で見つかった物質になり、これもテストステロンのレセプターに居座る「ヒスタミン・ブロック系」の薬になります。

 

・エストラジオール(エストレース)
・ロイプロリーデ(リュプロン)
・フルタミド(ユーレキシン)
・ゴゼレリン(ゾラデックス)

 

このような治療は患者の性衝動を減退させると同時に、勃起能力の問題も残します。

 

前立腺ガンに手術と放射線治療を合わせて施すことは、これらの患者が性欲と覚醒両方の問題に複雑な原因を抱えるという事になります。

 

現在の前立腺ガンの治療は患者が10年生存する確率が80%以上という見事な結果をもたらしていますが、病気は治っても多くの患者にとってかなりの犠牲を強いる事になります。

 

ある程度の年齢になると前立腺が肥大して、排尿困難を訴えるようになりますが、テストステロンを徐々に抑えていく「フィナステリーデ(プロスカール)」のような薬でさえ、性衝動や能力に影響を与える事があります。

 

少量で効果があり「プロペシア」としても知られている「フィナステリーデ」は最近、AGA治療に効果があると認可されました。また、エイズのような他の病気の進行はテストステロンを作る睾丸の細胞を破壊し、性欲にも影響を与えます。

 

男を不安にさせるものは生命力を脅かす「ガン」であるという事より、治療を受ける事がペニスを能無しにしてしまうという考えだと思います。

 

テストステロンが不足するせいで、通常の元気な性衝動が不足するなら、飲酒を減らし、影響を与える薬物を制限することが、性欲を出来るだけ温存するステップになります。

 

しかし、テストステロンの補充は性衝動を回復をさせますが、前立腺ガンの発達というリスクも大きくなります。

 

バイアグラの通販TOPページ