病気が原因の不能症

病院よりも安く購入

↑病院の半額近くの値段で通販↑

病気が原因の不能症

勃起機能不全は様々な原因となって起きます。その原因から顔をそむけずに、それについて知る必要があります。

 

・アテローム性動脈硬化症
高レベルのコレステロールにより動脈が詰まる症状

 

また、真性糖尿病などの全身の健康に影響する病気は、動脈という燃料パイプだけではなく、ペニスの電気回路にもダメージを与えます。心臓発作を起こす前に、自分がアテローム性動脈硬化症かどうか知っておくおくことは重要になります。

 

この病気にかかっていると、男性のうち50%しか1回目の心臓発作を生きのびることができません。勃起機能不全の男性の4人に1人は、ペニスの問題が生じてから2年以内に、心臓発作ないし卒中に見舞われるケースがあります。

 

また、糖尿病についても、治療不可能なまでに視覚をやられてしまわないうちに知っておくことが重要になります。勃起機能不全は、糖尿病の兆候として真っ先にあらわれることがあります。

 

勃起不全の原因は多いですが、最終的には全て、前途で述べた動脈という燃料パイプと電気回路の問題から生まれています。

 

燃料パイプを詰まらせるもの

ペニスにとって好ましくない燃料パイプの主たる問題は、陰茎に血流のパワーを供給する、フォークの歯ほどの太さがある動脈が塞がれてしまうことです。

 

この問題が起きるのは、アンバランスな食生活などの食事が影響することが原因としてあげられます。動脈が塞がるプロセスは驚くほど若いうちに始まり、男性では20代初めから起こります。勃起機能不全は、40歳で40%の男性に起こり、70歳では70%の男性に起こります。

 

ペニスの動脈を塞ぐ要因は、心臓の冠動脈を塞ぐのと同じになります。喫煙、肥満、高コレステロール、高血圧、糖尿病といったところが、患者自身で緩和不可能なものの代表になりますが、家族の病歴や遺伝的性質も要因となります。

 

いわゆる生活様式の要因全は全て相互に絡み合っています。肥満は高コレステロールで飽和脂肪を含む油っこい食べ物や、血清中のコレステロールとトリグリセリド値を高くする食べ物をとり過ぎた結果になります。

 

また、肥満であれば糖尿病になる可能性も大幅に広がります。それは、まるまる太った体格のまるまるしすぎた脂肪細胞は、あるべき姿よりインシュリン反応が弱いからです。

 

さらに、肥満の人は座ったままの生活を送りがりで、体重を減らすのも糖尿病を抑制することも難しくなります。そして肥満は高血圧につながり、これは要するに動脈の内壁を強く打つことになるので、デリケートな内部の組織を傷つけて、動脈にコレステロールの沈殿ができやすい状態にします。

 

つまり、喫煙をしながらジャンクフードを食べる習慣は、糖尿病、高血圧に繋がり、血清コレステロールの値を高くするばかりで、抑制するチャンスはほぼありません。

 

これと対照的に、正しい食事やエクササイズをしている人は糖尿病、高血圧、あるいは高血清コレステロール症になりにくいです。

 

適量のアルコール(1日に1杯だけ)をとると、冠動脈やペニスの動脈を詰まらせるアテローム性動脈硬化症の危険性が減り、適量を少し越えるアルコールでも、長期に渡ってとっていればアテローム性動脈硬化症については助けになるかもしれません。

 

※糖尿病を患っている方は注意したほうがいいです。糖尿病の場合、適量のアルコールであっても、血管の病気を悪化させてしまう恐れがあります。

 

しかし、テストステロン値と性衝動については、どちらもマイナス効果を裏付ける報告があります。つまり、糖尿病でなければ燃料パイプをオープンにしておくのに役立ちはしますが、度を越すと性欲が減退してしまいます。

 

また、エクササイズをしないとアテローム性動脈硬化症になる危険性があると考える方が多いですが、これは間接的にしか正しいとは言えません。エクササイズをすれば体重が減り、血圧やコレステロール値もコントロールできます。

 

セックスは一種の肉体的スポーツになりますが、身体の状態が良ければ良いほど、どこかを痛めたり、息切れをしたりすることなく楽しめるはずです。

 

ヤル気満々とは、自分に自信、信頼を意味しますから、自分自身が心理学的にどれだけ自由気ままさを感じているかを決定する強力な因子になります。

 

喫煙、高コレステロール及び座っている生活に繋がる場合にのみ、問題となります。これらは肥満に促進して、最終的に糖尿病と高血圧になってしまいます。しかし、この個性自体が直接の危険要因ではありません。

 

続いては、通常の血液をペニスから締め出す役割を担う平滑筋細胞がどうなるかを説明しましょう。過去に摂取したコレステロールが溜まって、ペニスの動脈が徐々に狭くなると、平滑筋細胞は筋肉の中で酸素欠乏で死にそうな状態になります。これらの細胞は「繊維芽細胞」に姿を変えていきます。

 

これは名前の通り、繊維質の細胞で元々の平滑筋細胞よりはるかに頑固であり、弛緩させるのが難しくなります。そして、陰茎海綿体は膨張性と弾力性を失い、血液が流れ込むのが困難になって勃起機能が損害を受けてしまいます。

 

バイアグラの通販TOPページ