狙いを定めて撃つ

病院よりも安く購入

↑病院の半額近くの値段で通販↑

勃起をして射精をする

勃起をして射精をする。ちゃんと勃起をして射精する作業を担当するのは神経単位を基礎とする電機配線のようなもので、こちらはもう少し複雑になります。

 

これを理解しておくと、神経に関連した性交能力の問題をハッキリされるのにとても役に立ちます。

 

他の器官と同じく、ペニスには完全に自立神経系によってコントロールされています。自律神経は、オートマチックの神経システムと考えることができます。

 

勃起のように任意ではなく起きるモーターの活動は、全てこのシステムが原因になります。随意的、つまり体腔神経系もペニスには分布しています。

 

ペニスの外皮を擦られると、神経の知覚部門がそれをあなたに伝え、また運動性の神経がペニスの基底部を取り巻く下腹部の筋肉を緊張させます。

 

大抵の勃起不全はの男性はご存知だろうが、勃起は意識してコントロール出来るものではなく、ペニスは緊張させられる筋肉ではありません。どんなにやる気満々でも、どんなになだめすかしても、意識してやったのではダメなのである。

 

特別なパートナーとのヘビーペッティングでは、あなたのペニスから配線を通じて脳にシグナルを送り、下半身のほうで起きている事を詳しく伝えはするが、ペニスが期待通りの反応をするかどうかは、自律神経系によって決まります。

 

ペニスが刺激を受けたら、自動操縦で進むか、あるいは進まないかのとちらかになります。自律神経系は、副交感神経系と交感神経系という2つの対等かつ相反する部分に分けられます。

 

名前は長いですが、これら2つの系は親しい存在のはずです。主に、副交感神経系はあなたがリラックス状態の時などに活動しています。

 

例えば、ソファでゆったりとくつろいでTVを見ている時や愛する人との時間を満喫している時などです。

 

この副交感神経系は「アセチルコリン」として知られる伝導化学薬品、神経伝達物質などに依存します。これを覚えていていただきたい。

 

反対に、交感神経系が働くのは、あなたがいざ出陣するか、退散するか、気持ちの準備ができた時などに活動します。
交感神経系は「アドレナリン」に依存して電信を神経から神経へと伝えていきます。

 

次は「狙いを定めて打つ(勃起をして射精をする)」

 

勃起は、猟犬が獲物の鳥を示すように、ペニスの狙いを定めるプロセスにあたり、副交感神経系が働きます。射精は撃つプロセスで、交感神経系に依存します。

 

セックスが男性にとって上手くいくには、男性が「狙いを定めて撃つ」の両方ができなくてはなりません。端的に言うならば、狙って撃つためには、あなたの両方の交感神経系が上手く働かなければなりません。

 

不安は心の中で生まれ、運命が迫っているという感覚に対する反応で、思い切って行動しようというい時に相応しくない感情になりますが、その不安心理が勃起機能にとって何故、呪縛となるか、すぐに納得できるはずです。

 

狙いを定めるにはリラックスした状態でなくてはなりません。そして、撃つときはその反対でなくてはなりません。まとめると以下のようになります。
・勃起=副交感神経系の働き=リラックス
・射精=交感神経系の働き=出陣か退散か

 

バイアグラの通販TOPページ