バイアグラで急騰したファイザー社の株価

病院よりも安く購入

↑病院の半額近くの値段で通販↑

「バイアグラ」で急騰したファイザー社の株価

男性は勃起不能に陥ると、自分自身を「ターボエンジンを失ったスポーツカー」「吠えることを忘れた百獣の王」などのイメージで表現することがありますが、この言葉を見ると、勃起不能がいかに身体的能力を低下させ、男性としての自信を喪失させるもであるかがよくわかります。

 

ならば、インポテンス(性交不能症)の新治療薬「バイアグラ」が1998年4月に発売されるや、大反響が巻き起こったのも当然の事になります。

 

男性たちは闘牛士以来の男らしさを増強してくれる最新薬を求めて、かかりつけの医院や薬局に駆け付けたが、その光景はさながら、スペインの都市「パンプロナ」を疾走する雄牛の群れを思わせます。

 

彼らが追い求めたのは、男性としての機能と精力の回復でした。もう一度若さと性的能力を実感して、以前と同じ感覚を味わいたい。そしてそのためには、「バイアグラ」が今すぐ必要でした。

 

これらの現代の闘牛士たちは、将来(厳密にはセックスライフ)に対して楽観的だが、それは充分な根拠があってのことです。臨床実験で「バイアグラ」は、被験者の約80%に対して、インポテンスの効果的な治療薬となりました。

 

そして、おそらく将来をもっとも楽観視しているのは「バイアグラ」の製造元であるファイザー社でしょう。バイアグラがあれば、これまで勃起不能・勃起不全の治療手段となっていた注射が必要ではなくなります。

 

 

画期的な経口薬だと言える

それは男性が性的刺激を受けると効果を発揮し、性的興奮の度合いを増大されます。他の薬剤と異なるのは、刺激がなければ効果が表れないと言う点です。

 

そのため、男性は「バイアグラ」を服用したとしても、パートナーにセックスを拒否されれば、勃起しないという事になります。バイアグラの副作用はごくわずかで、もっとも顕著な症状は、頭痛、のぼせ、腹痛、および青緑の色覚の変化です。

 

バイアグラの発売を予測して、ファイザー社の株価は史上最高値を記録し、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可される前年には100%の上昇を達しました。しかし、バイアグラの発売とほぼ同時に、ダウンジョーンズ平均株価が9000を割ったのは、おそらく偶然ではありません。

 

バイアグラを好調材料として、上げ相場が続いたが、バイアグラがFDA認可の最終段階に入ると、株式市場に悲観的な見方が流れ始めました。おそらく、バイアグラの商品価値が高く評価されすぎていて、いざ実物が市場に出回ると、関心と熱狂が冷めてしまったのです。

 

しかし、バイアグラが発売された途端、弱気筋はあっというまにはじき飛ばされました。1998年4月1日から15日までの、発売後最初の2週間で、バイアグラは79%の市場占有率を達成しました。

 

それは薬学史上もっとも成功を収めた新薬売り出しとなり、また、薬剤史上もっとも急速に売れた薬となりました。ファイザー社の株価は1日で1株8ドル以上も上昇して、アナリストたちは1998年のバイアグラ売り上げ予想を4億ドルから6億ドルに変更しました。

 

医師らは最初の1週間だけで4万枚の処方箋を書き、その後、勃起不能・勃起不全との戦いでペンが相当な威力を発揮したと見えて、2週目には1日につき4万枚もの処方箋が発行されました。

 

アトランタの泌尿器学者は、1週目にバイアグラの処方箋を500枚書いたため、ペンだこができ、2週目に入ると、それを処方するためのゴム印が必要だと悟りました。

 

処方箋を手に入れた男性たちはインターネットで検索して、バイアグラの在庫がある最寄りの薬局を調べました。男性たちが血まなこになって入手困難な秘薬を捜し求める騒動のなかで、ファイザー社のセールスマンの車に押し入った輩もいたと言います。

 

小さな青い菱形錠剤は、たちまち男性の最良の友になりました。また、別の入手経路として、まず直接ホームページにアクセスして、節操のない医師から「オンライン」で診察を受けて、処方箋を書いてもらう方法もありました。

 

闇取引が瞬く間に広がり、市販の5倍もの値段で売られているという話もありました。マスコミの報道の過熱ぶりや、入手に奔走する男性たち、そして株式市場の反応…どれを見ても、男性が性器の正常な機能を取り戻そうとする奮闘が、更に続いていくことが予想されます。

 

バイアグラの通販TOPページ