血圧降下剤との併用は危険

病院よりも安く購入

↑病院の半額近くの値段で通販↑

血圧降下剤との併用は危険

バイアグラには計3回の臨床試験が行われました。第1段階は非公式の簡単なもので、被験者もたったの12人でした。第2段階は被験者を様々なグループに分けて、副作用の発生や、薬の血中濃度を確認するもで、第1段階よりは検査が難しくなっていました。

 

しかし、第3段階の臨床実験になると大勢の被験者が押し寄せました。バイアグラを試してみようと集まった人の列が、建物を取り囲んだほどでした。

 

第3段階では、テスト項目は21となり、無作為に選んだ被験者に対して、プラシーボを用いた二重盲検法による比較試験が6ヶ月にわたり行われました。

 

被験者の男性たちは、一定の量(25、50、100mg)を服用するグループと、様子をみながら量を変えて服用するグループなどに分けられました。

 

19歳~87歳までの3000人を超える被験者の内訳は、勃起不全の原因が生理的な者(58%)精神的な者(17%)両方の要素が原因の者(24%)となっていました。

 

試験期間のはじめと終わりには、被験者に対して、勃起不全の国際指標を用いた調査が行われました。

 

研究者たちは、何年も前にバイアグラがセックスの時に充分な勃起を促し、挿入後も勃起を持続させるということを、納得のゆくまで確認していました。

 

摂取する量が増えるにつれて良い結果が得られ、25mgを摂取した者の63%、50mgを摂取した者の74%、100mgを摂取した者の82%がなんらかの効果を得たと報告されました。

 

また、プラシーボを摂取した者が同じように報告した率は24%でした。その上、試験期間が終わって行われる追跡調査では、33%~50%の者が、4週間の間に少なくとも1回はセックスで勃起したと報告がされました。

 

被験者は毎日、日記をつけることになって、それによるとセックスを試みる回数(週に2回)には影響がないが、性機能の面では明らかな改善がみられました。

 

志兼syあがセックスに成功した回数をセックスを試みた回数で割った率は、バイアグラを服用した者が66%、プラシーボを服用した者は20%となりました。

 

これらの臨床試験の多くは3ヶ月~6ヶ月の間で行われましたが、中には1年間バイアグラを服用し続けた者もいました。

 

ファイザー社は、薬の効果が現れないなどの理由で服用を辞めた者が殆どいない事に注目しました。その上、88%の被験者から次のような効果が報告されました。

 

・バイアグラによって勃起した時のペニスの硬さが増した
・勃起の回数が増えて持続力が出てきた
・頻繁にオーガズムに達するようになった
・性欲が強くなり性欲を覚える回数も増えた
・セックスの回数が増え、満足感が得られてセックスを楽しめるようになった

 

これらのことからすると当たり前のことかと思いますが、全体的にパートナーとの関係も深まったという事になりました。

 

また、ファイザー社は、バイアグラは人種、年齢、勃起不全の原因やその程度に関係なく効果があった事を示しました。

 

勃起不全の原因として、冠状動脈疾患、高血圧、その他の心臓あるいは周辺器官の血管の疾患、糖尿病、うつ病、前立腺前切除あるいは経尿道的前立腺切除、脊髄損傷、また心臓病や精神病の薬物注射を受けていることなどが挙げられますが、これらはバイアグラの効果の有無には関係ありません。

 

但し、それぞれに効果の差はあるとのことでした。また、勇気硝酸塩を服用している人は、バイアグラを服用出来ません。それは次のような薬物が含まれます。

 

・ニトログリセリン(商品名ニトロバイド、ニトロスタット)
・イソソルビド硝酸塩(商品名イソルジル、ソルビトレード)
・ペンタエリトリトール四硝酸塩(商品名ペントリトル、ペリトレート)
・エリトリチル四硝酸塩(商品名カルジレート)

 

バイアグラは、これらの薬物が既に低下させた血圧を更に急激に低下させてしまいます。

 

バイアグラの発売1ヶ月前に、ファイザー社の専門はゲイの人たち(同姓愛者)に対して、クラブで根強い人気の「ホッパー」という興奮剤は、バイアグラと一緒に用いると危険であると警告をしていました。

 

ホッパーを吸収したときの「恍惚感」を楽しむ人は多いが、ホッパーは亜硝酸アルミであるため、心臓病治療に用いられる硝酸塩と同じように、血圧の急激な低下を招きます。

 

しかし、ファイザー社は、臨床試験の後で、また新たな警告をいくつか行わなくてはいけませんでした。

 

ペニス解剖学的な異常がある人(ペニスの繊維の一部が硬くなって、勃起すると歪曲したり、痛みを感じたりするペーロニ病などが原因となる)や性欲によらない持続勃起症を有している人(鎌状赤血球貧血、多発性骨髄症、白血病)は、バイアグラを服用する際に注意が必要であること。

 

ホスホジエステラーゼの遺伝子異常である網膜色素変性症を患わっている人、また黄斑変性のように、網膜に疾患が認められる人はバイアグラを服用できません。

 

あるいは、服用するとしても最小限度の量に留めて置かなければいけません。

 

バイアグラの通販TOPページ